小樽・ニセコ・積丹

小樽・ニセコ・積丹のカフェ一覧

スノードロップスコーヒー
エリア
銭函
営業時間
11:00-21:00
休業日
火曜
ジャンル
喫茶店
紹介文
銭函駅すぐ横。コーヒーとスコーン《テイクアウト可》。おしゃれなカフェ。雑貨有り。定休日、毎週火曜日。営業時間、11:00-21:00。
北一ホール喫茶店
エリア
南小樽
営業時間
8:45〜18:00
休業日
元日
ジャンル
空間が魅力のカフェ
紹介文
明治期に作られた漁業用倉庫を利用した北一硝子三号館内にある喫茶店で店内は167個の石油ランプの灯りだけで営業している。毎朝店員が火を点るため、ランプが点く過程を見ることもできる。ピアノ演奏も。
ルタオ パトス
エリア
南小樽
営業時間
9:00~18:00(季節により変動)
休業日
なし
ジャンル
スイーツ充実のカフェ
紹介文
小樽の洋菓子店ルタオの最大級の店舗がルタオパトスです。1Fがショップ、2Fがカフェになっており、人気のドゥーブルフロマージュやここでしか食べられない見た目にも美しいスイーツがいただけます。
しろくまコーヒー Shirokuma Coffee
エリア
銭函
営業時間
10:00~18:00
休業日
不定休
ジャンル
空間が魅力のカフェ
紹介文
銭函駅前に8月にオープンしたカフェ。濃厚なラテやハンドドリップコーヒー、焼きたてのクロワッサン、カイザーシュマーレンというオーストリアのデザートもあります。駅前で至福の時間が過ごせるカフェです。
シャロン
エリア
小樽
営業時間
8:30~21:00
休業日
無休
ジャンル
喫茶店
紹介文
駅前通り沿い、小樽駅から歩いて3分のお店。カウンター席に常連のお客様がおしゃべりしたり、小さくてもゆっくりできる店です。
おちゃびより
エリア
小樽
営業時間
平日・日曜 10:00〜21:00、金・土・祝前日10:00〜22:00
休業日
水曜
ジャンル
空間が魅力のカフェ
紹介文
OTARU TIMES GARTENの中にあるハンモックカフェ。スイーツも種類が豊富で、おいしいコーヒーと共にゆらゆら揺れていたら時間を忘れてしまいそうです。
View Cafe OTARU R5 YOUR TIME
エリア
銭函
営業時間
11:00〜19:00
休業日
火曜 (祝日の際は営業、翌水曜日休み)
ジャンル
空間が魅力のカフェ
紹介文
小樽の海が見える景色の良いカフェです。店内も少し暗めですごく落ち着くし、2階にはオープンテラスも。ガヤガヤしてないならゆっくりできます。メニューもドリンクだけでなく、フードも充実してます。
ARINCO MOU DASH
エリア
小樽
営業時間
11:00~20:00
休業日
水曜
ジャンル
食事充実のカフェ
紹介文
小樽駅近くにある、オムライスと手作りマフィンが食べられるカフェ。とろふわのオムライスプレートもあり、和定食も充実しています。手作りマフィンはその時々で出ている種類が異なります。週替わりのランチセットは必見。
マリーローランサン
エリア
小樽
営業時間
8:00~20:00
休業日
無休
ジャンル
喫茶店
紹介文
モダンな内装の純喫茶。店員さんもメインユーザーも40〜60代と高齢のため落ち着きのある雰囲気。ケーキが常に数種類あり、中でもブルーベリータルトは鉄板で売り切れてしまうこともしばしば。
喫茶東屋
エリア
倶知安
営業時間
夏営業 10:00pm – 19:00(おやつLO18:00) 冬営業 10:00pm – 17:00(おやつ LO16:30 )
休業日
火、水曜
ジャンル
空間が魅力のカフェ
紹介文
シンプルの中に和を盛り込んだお店。優しいウッドを贅沢に使い入り口には暖簾がしっぽり掛かる。京都の甘味処を思わせる様ななんとも風情のある粋な佇まい。
さらに読み込む

10/全25

注目トピックス

新着の投稿

【東京】ギフトや手土産に!おいしい焼き菓子が買えるカフェやパティスリー×4
【京都】フルーツサンドが味わえるカフェ&喫茶店5選
【東京】ロケ地でドラマを徹底おさらい!2019年冬クールに登場したカフェ・喫茶店まとめ
【京都】一日の最後に訪れたい、京都の夜カフェ&喫茶店5選
【京都】舞妓さん・芸妓さんが舞う街、祇園で人気の甘味処
「いちびこ」食べる宝石“ミガキイチゴ”のカフェが新店をオープン!
すべて見る

新着まとめ

仙台市太白区のまとめ
新宿・代々木・大久保のまとめ
池袋・高田馬場・早稲田のまとめ
鎌倉・湘南のまとめ
船橋・市川・浦安のまとめ
金閣寺・北野天満宮周辺のまとめ
すべて見る

プレミアムコラム

広がりゆく日本茶の新たな楽しみ方(Vol.5)
ジャパニーズグリーンティ、その名の秘密(Vol.4)
人々を魅了する日本茶にしかない“香り” (Vol.3)
シングルオリジンの日本茶にこだわる理由(Vol.2)
嗜好品としての日本茶を堪能できる、日本茶カフェ(Vol.1)
世界最高品質を追求する、ミカフェートの徹底したこだわり(Vol.3)
すべて見る

今すぐアプリをダウンロード!!

  • iPhoneアプリをダウンロード
  • Androidアプリをダウンロード

公式アカウント Follow Us!

アプリで開く ×