北浜・淀屋橋・肥後橋

北浜・淀屋橋・肥後橋のカフェ一覧

北浜レトロ
エリア
北浜
営業時間
平日11:00〜21:00 (土・日・祝は11:00〜19:00まで)
休業日
無休(お盆・年末年始を除く)
ジャンル
紅茶専門店
紹介文
明治45年に建てられた洋館で、純英国式のアフタヌーンティーを楽しめるティーサロン。スコーン、ケーキ、サンドイッチの種類は、選ぶのに迷うほど豊富です。一階ではスコーンやケーキ、紅茶などを販売。
Smorrebrod kitchen Nakanoshima
エリア
淀屋橋
営業時間
9:00~21:00(L.O.20:00)
休業日
不定休
ジャンル
食事充実のカフェ
紹介文
フードスケープを手がける堀田祐介さんがプロデュースするお店。重要文化財に指定されてる中之島図書館にある店内で、デンマーク名物のスモーブローが食べられます。
OXYMORON 北浜
エリア
北浜
営業時間
月~金曜 11:30~15:00 (L.O.14:30) 17:00~21:00 (L.O.20:30)、 土日祝 11:00~19:00(L.O.18:30)
休業日
水曜
ジャンル
空間が魅力のカフェ
紹介文
土佐堀通り沿いにあるお店。築100年の二軒長屋を改装した店内は古い建物の趣が感じられて落ち着いた雰囲気。美味しいカレーと美味しいケーキ。お皿や器も素敵でお店の方の接客も丁寧で居心地の良いお店です。
& Island
エリア
淀屋橋
営業時間
11:00~22:00 、ランチ11:00~14:00、ディナー17:00~22:00 (L.O.ドリンク21:30、フード22:00)
休業日
定休日なし
ジャンル
空間が魅力のカフェ
紹介文
テラス席から中之島を眺めることができる人気カフェ。サンドイッチやホットドッグなど、気軽に食べられる魅力的なメニューから、ローストビーフ丼などボリューム感のあるものまで味わえます。クラフトビールなどアルコール類も豊富にあるので、ディナーでも使えます。
ELMERS GREEN CAFE
エリア
北浜
営業時間
10:00~20:00(L.O. 19:30)、日曜10:00~18:00(L.O. 17:30)
休業日
年末年始
ジャンル
コーヒー or エスプレッソが主役のカフェ
紹介文
自家焙煎したスペシャルティコーヒーをハンドドリップ。パンやスイーツなどは全て手作りしています。
Peak Roast Coffee
エリア
肥後橋
営業時間
7:00〜21:00
休業日
不定休
ジャンル
コーヒー専門店
紹介文
スペシャルティーコーヒー専門の自家焙煎珈琲店。コーヒー豆販売もしています。サンドウィッチやフレンチトーストなどのフードも充実。
MOTO COFFEE
エリア
北浜
営業時間
12:00~19:00(L.O. 18:30)
休業日
不定休(ほぼ無休で年末年始とお盆にお休みを頂いております)
ジャンル
コーヒー or エスプレッソが主役のカフェ
紹介文
ハンドドリップで丁寧に淹れるコーヒーを中心に、器とテラスからの眺めと空間も楽しんで頂けるカフェです。
パンとエスプレッソとUtsubo Factory
エリア
肥後橋
営業時間
8:00~18:00 (L.O.17:00)
休業日
火、水曜
ジャンル
食事充実のカフェ
紹介文
表参道の人気ベーカリーカフェが関西初出店。パンが売り切れる日もあり、お目当てのパンがある場合は早めの時間に行くことをオススメします。
NORTHSHORE
エリア
北浜
営業時間
7:00~22:00 、ランチ11:30~14:00 、ディナー17:00~22:00
休業日
不定休
ジャンル
空間が魅力のカフェ
紹介文
北浜の土佐堀川沿いに位置するカフェダイニング。とてもオシャレな店内で、天気が良い日はテラスで素敵な眺望を楽しめます。美味しい野菜を使ったサンドウィッチなど、フードメニューも充実しています。
CAFE SIK
エリア
肥後橋
営業時間
11:00~23:00
休業日
ジャンル
空間が魅力のカフェ
紹介文
靱公園が見渡せるテラスのある、非常に雰囲気の良いカフェです。ドリップコーヒーの味も確か。海外に来ているかのような気分になります。都会に佇む隠れ家的なカフェです。
さらに読み込む

10/全35

新着まとめ

池袋・高田馬場・早稲田のまとめ
東急沿線のまとめ
京王・小田急沿線のまとめ
関内・伊勢佐木町のまとめ
鎌倉・湘南のまとめ
浦和周辺のまとめ
川口・越谷・春日部・三郷のまとめ
上尾・久喜・行田のまとめ
那須・塩原のまとめ
田原・豊橋・新城のまとめ
すべて見る

プレミアムコラム

広がりゆく日本茶の新たな楽しみ方(Vol.5)
ジャパニーズグリーンティ、その名の秘密(Vol.4)
人々を魅了する日本茶にしかない“香り” (Vol.3)
シングルオリジンの日本茶にこだわる理由(Vol.2)
嗜好品としての日本茶を堪能できる、日本茶カフェ(Vol.1)
世界最高品質を追求する、ミカフェートの徹底したこだわり(Vol.3)
世界初披露!新品種“MAMO”の開発秘話(Vol.2)
美味しいコーヒーのために“栽培”を追求する、コーヒーハンター(Vol.1)
LATTESTからCOFFEESTを目指して(Vol.5)
COFFEE COLLECTION DISCOVERへの挑戦(Vol.4)
すべて見る

今すぐアプリをダウンロード!!

  • iPhoneアプリをダウンロード
  • Androidアプリをダウンロード

公式アカウント Follow Us!

アプリで開く ×