プレミアムコラム

看板メニュー“3PEAKS”と“トースト”の誕生秘話(Vol.2)

池袋、COFFEE VALLEYの小池さんにお話を伺っているプレミアムコラム、Vol.2は看板メニューの3PEAKSとトーストの誕生秘話について。

エスプレッソ、マキアート、ドリップコーヒーの飲み比べができる“3PEAKS”。お客様によっては様々な反応が返ってくるという3PEAKSを始めたきっかけ、そして続けている理由、そこには小池さんのコーヒーに対する静かな情熱が込められていました。

3種のコーヒーを飲み比べできる3PEAKS
大井
COFFEE VALLEYでは同じ豆を3種の方法で飲み比べできる3PEAKS(スリーピークス)が人気ですよね。3PEAKSはどのように生まれたのでしょうか?
小池さん
もともと「コーヒー屋さんに行って何を飲む?」と聞かれたら、どれくらいの人が答えられるんだろう、ところから始まったんですね。「これが飲みたい」と言える人はまだ多くないので、コーヒー屋さんとしてのおすすめであり目玉商品を作りたいと考えていました。

それから、エスプレッソ、マキアート(エスプレッソとミルクが半々のドリンク)、そしてドリップコーヒーという3種類を飲み比べてもらうことで、同じ豆を使っていても「こんなに味が違うんだ」ということも伝えたかったんですね。これはスペシャルティコーヒーだからこそできることです。
大井
どうしてそのようなことを伝えたいと思ったんですか?
小池さん
今はドリップコーヒーをメインとしている店が多いですが、うちはエスプレッソが中心。まだエスプレッソのことを飲んだことがない人も多いし、エスプレッソがどんなものかを知ってほしいと思ったからです。
“好き”“嫌い”が分かれば、その先に繋がっていく
大井
実際、3PEAKSを出されてみて、お客様の反応はどうでしたか?
小池さん
思った通りでしたね(笑)「苦っ!」と言われてエスプレッソだけ残って戻ってくることもありますし、マキアートは「キャラメルマキアートみたいに甘いものかと思った」と言われることもありました。
大井
そうなんですね。それでも今もメニューとして続けていますよね。それはどうしてですか?
小池さん
もう意地ですよね(笑)。というのは冗談で、その反応を見て「やっぱりエスプレッソを知らない人がいる」と実感したんです。

僕は3PEAKSに対してどんな反応をされてもいいと思っていて、その経験が勉強になるじゃないですけど、エスプレッソが苦手だったらもうエスプレッソを頼まなければいいし、逆に好きだと思ったら、別の店でもエスプレッソを飲んでみようかなという気になります。もしマキアートが気に入ったら次はカプチーノ、それにラテもある。ドリップが気に入ったら次は違う豆で飲んでみようかなと発展させていけるじゃないですか。

3PEAKSは色々な種類のコーヒーを知るための“根源”みたいなもので、僕は好きも嫌いも含めて、コーヒーの幅を知るきっかけを作りたかったんです。3PEAKSは“先に繋がるメニュー”だと思うので続けています。
大井
色々な反応はあれど、コーヒーに興味をもつきっかけを広く提案されているというのは素晴らしいことですね。人の好みが違うことや反応を寛容に受け止める力がないと出せないメニューだと思います。
大井
ちなみに、エスプレッソを中心としたメニューを提案されている中で、2周年のお祝いの時にはエスプレッソマティーニを出されていましたよね?
小池さん
はい。バーテンダーの植松大記さんとの出会いがあり、ケニアを使ったエスプレッソマティーニを提案してもらいました。浅煎りのケニアの酸味が、リキュールとうまくマッチして美味しかったですね。
大井
コーヒーカクテルは、またコーヒーの楽しみの幅を広げてくれますよね。これからさらに注目が集まっていくのかなと個人的に思っていますが、今後コーヒーカクテルのようなアレンジドリンクを作る予定はありますか?
小池さん
ベーシックなラインアップを大事にしながら、機会があれば面白いことに挑戦していきたいですね。
喫茶店文化にインスパイアされたシンプルなトースト
大井
フードで言えばトーストが人気ですね。こちらについても教えていただけますか?
小池さん
フードはパーラー江古田さんにオリジナルで作っていただいた食パンをメインに、トーストとサンドイッチをご用意しています
大井
メニューを絞っているのはどうしてですか?
小池さん
なるべくシンプルであることを意識しているのと、コンセプト……とまではいかないですけれど、“持ち帰りのできる喫茶店”も目指しているからです。喫茶店風のメニューは個人的にカッコいいなと思っているし、こだわりの詰まったパーラー江古田さんのパンを使わせてもらっているので、トーストとサンドイッチは僕の理想に近い形でだせていますね。
大井
“持ち帰りのできる喫茶店”というのは面白いキーワードですね。小池さんは喫茶店がお好きなんですか?
小池さん
喫茶店にすごく行くというわけではないんですが、“昔からあるものが好き”なんだと思います。新しいものよりは昔からあるもの、比較的保守的なのかな (笑)そういう意味でコーヒーも、トレンドや旬のメニューを作るより、昔からあるメニューを継承しつつ、なにか少し発展させるメニューを心がけています。
この続きは、Vol.3の「ロンドンで出会った、衝撃的なエスプレッソ」(https://cafesnap.me/talk/176)で!次回の公開は2月14日(火)です。どうぞお楽しみに!




アプリでもっと見る
iPhoneアプリをダウンロード
Androidアプリをダウンロード
cafe data

COFFEE VALLEY (東京・池袋)
営業時間:平日8:00~22:00 土日祝日9:00~22:00
住所:東京都豊島区南池袋2‐26‐3 寿ビル1F

おすすめのプレミアムコラム

広がりゆく日本茶の新たな楽しみ方(Vol.5)
ジャパニーズグリーンティ、その名の秘密(Vol.4)
人々を魅了する日本茶にしかない“香り” (Vol.3)
シングルオリジンの日本茶にこだわる理由(Vol.2)
嗜好品としての日本茶を堪能できる、日本茶カフェ(Vol.1)
世界最高品質を追求する、ミカフェートの徹底したこだわり(Vol.3)
世界初披露!新品種“MAMO”の開発秘話(Vol.2)
美味しいコーヒーのために“栽培”を追求する、コーヒーハンター(Vol.1)
LATTESTからCOFFEESTを目指して(Vol.5)
COFFEE COLLECTION DISCOVERへの挑戦(Vol.4)

注目トピックス

新着の投稿

境界線のない、小さな街のシェルターカフェ“MIA MIA”
【仙台】パフェを目当てに訪れたい! 仙台のマチナカカフェ
【大阪】カフェ好きが集まる!ホステル併設のカフェ5選
堀口珈琲が最新型のブリューマシンを導入した新店を大手町にオープン!
CafeSnapライター厳選!おうちカフェを最高に楽しむお取り寄せアイテム10選
ブルーボトルコーヒーからコーヒーペールエールが新発売!
すべて見る

新着まとめ

東京・日本橋のまとめ
原宿・表参道・青山のまとめ
川崎市のまとめ
豊田・岡崎・西尾のまとめ
天神周辺のまとめ
河原町・木屋町・先斗町のまとめ
すべて見る

地域を選択する

今すぐアプリをダウンロード!!

  • iPhoneアプリをダウンロード
  • Androidアプリをダウンロード

公式アカウント Follow Us!

アプリで開く ×